青の洞窟満喫ガイド

青の洞窟のシュノーケリングなどを楽しむための心構えや満喫するための知識を発信。理解が深まることで楽しさが倍増しますよ。

高血圧の人がシュノーケリングをするのは、危険なの?

青の洞窟満喫ガイド一覧

2018年6月25日(月)

こんにちは!沖縄のシュノーケリングショップ「ちゅら」です。

シュノーケリングをするときは健康状態を確認して行う必要があります。

糖尿病や気管支炎、不整脈など事前に医師の許可が必要な病気はたくさんあるのですが、その中でも気をつけないといけないのが高血圧です。

ちゅらでも、高血圧等の病歴のある方がシュノーケリングをする際には診断書を提出していただいております。

実は、ダイビングやシュノーケリングでの死亡事故のうち、8割は高血圧が原因で起こっているとも言われています。

なぜ高血圧の人がシュノーケリングをすると危ないのか。
今回は、シュノーケリングと高血圧の関係についてお話します。


 

 

高血圧の人がシュノーケリングをするときのリスク

高血圧の人がシュノーケリングをするとなぜ問題なのでしょうか。

それは動脈硬化が進んでいるため、冷たい水の中に入ったり、水の中で緊張状態になったりすると血圧が急激に上がる可能性があるからです。

ちょうど高血圧の人が真冬にシャワーを浴びていて血圧が上がり、死亡するケースと同じです。急な温度変化によって血圧が跳ね上がるのです。

海に入るときも、冷たい水に飛び込むと体が緊張して血圧が急激に上がることがあります。
血圧が上がると、脳梗塞や心筋梗塞につながります。心臓が止まったり脳の血管が破れたりして死亡する事故を起こす原因となってしまいます。

 

高血圧は自覚をしていない人も多いです。

普段から血圧が高めの人は事前に血圧を測り、自分の健康状態に問題がないか確認しておくことをおすすめします。

 

 

高血圧だけど、どうしても海に入りたいときには?


高血圧の人は必ず事前に医師に相談し、診断書を書いてもらうようにしてください。

沖縄のシュノーケリングショップでは、事前に診断書の提出を求められることがあります。

ご自身の病歴については、正確に答えるようにしてください。
正直に答えていただければ、インストラクターも対応のしようがありますが、情報が正しくないと、ショップや他のお客様にもご迷惑がかかってしまうことがあります。

高血圧は大した病気ではないと勝手に判断して、死亡事故になることがありますので、高血圧でシュノーケリングが不安な方は、必ず事前に医師に相談するようにしてくださいね。

 

 

 

当店でも、病状によって医師の診断書をいただく場合がございます。

当店「ちゅら」でも、体験シュノーケリングツアーや体験ダイビングツアーに参加される方には、事前に病歴をお伺いし、必要があれば専用の診断書を使い、医師からの署名をいただいています。

高血圧の他にも糖尿病や喘息、何らかのお薬を服用中の人も確認をさせていただいています。皆さまが安全に楽しくツアーに参加するためなので、ご協力をお願いします。

 

詳しくはこちらも御覧ください。

身体についてよくあるご質問

 

 

体に無理なくシュノーケリングを楽しもう!

せっかく沖縄の海を楽しむのですから、身体に無理なく健康に楽しめるといいです。たかが高血圧と甘く見ず、必ず医師に相談するようにしてください。

 

安全に青の洞窟シュノーケリング体験を楽しみたいなら「ちゅら」へご相談ください。

当店は、高血圧等の病歴のある方には診断書を提出していただいております。

 

事前にインストラクターと相談して安心して海を楽しみましょう!

 

青の洞窟シュノーケリングツアー

お電話でのご予約

受付時間 / 7:30~19:00

WEBでのご予約