青の洞窟満喫ガイド

青の洞窟のシュノーケリングなどを楽しむための心構えや満喫するための知識を発信。理解が深まることで楽しさが倍増しますよ。

一度のシュノーケリングの所要時間はどのくらい?

青の洞窟満喫ガイド一覧

2017年12月11日(月)

こんにちは!沖縄のシュノーケリングショップ「ちゅら」です。

 

せっかく沖縄に来たし、もちろんシュノーケリングなどで海は楽しみたい!

だけど美味しいものも食べたいし、他に行ってみたい場所もある。

 

旅行の計画を立てるために、どのくらい時間がかかるかは知っておきたいですよね。

今日は、シュノーケリングのツアーの所要時間についてお話します。


 

 

体験シュノーケリングは平均2〜3時間

一般的なショップで提供している体験シュノーケリングの所要時間はだいたい2〜3時間です。

このくらいの時間を見て計画を立ててもらえれば大丈夫です。

 

ただし、いつでも予約なしでシュノーケリングが体験できるわけではありません。

 

ツアーの開始時間や体験人数の上限が決められているため、事前予約が必要であり、予約が埋まっていれば他の時間に振り替える可能性もあります。

沖縄旅行が決まったら、シュノーケリングの時間を中心にスケジューリングをするのも1つの作戦ですよ。

 

参考までに、人気の青の洞窟や浅瀬中心の体験シュノーケリングではなく、無人島などに行って本格的にシュノーケリングをする場合やダイビングをするなら5時間〜終日かかります。

 

この辺りはショップによってメニューが違いますので、事前にお店に確認してみてくださいね。

 

 

所要時間には何が含まれるの?具体的なスケジュール


一般的なシュノーケリングショップでは、集合から解散まででおおよそ2〜3時間とお伝えしましたが、「ちゅら」のシュノーケリングの場合は、2時間30分くらいで予定していますので、詳細の時間割を見ていきましょう!

 

まず申込書へ記入していただき、施設案内、シュノーケリングレクチャー(シュノーケルの使い方や注意事項の案内)をします。

 

その後、着替えてボートで青の洞窟に移動していざシュノーケリング!トロピカルフィッシュにエサやり体験もしていただきます。

 

約30~60分弱の体験が終わったらショップに戻ってきてシャワーを浴び着替えて解散となります。

この「集合から解散」までが2〜3時間です。

 

ショップによって多少違いはありますが、一般的な体験シュノーケリングのスケジュールはこのような内容になります。

 

 

たとえばこんなスケジュール

多くのショップが早朝からスタートするツアー、お昼頃にスタートのツアー、午後のツアーを提供しています。(冬期は出発時間が少なくなる傾向にあります)

 

夏のハイシーズンには、夕方スタートのナイトツアーを提供しているところもあります。

 

早朝の場合は、他のショップの利用者や一般のシュノーケリング愛好家も比較的少ないですし、体験シュノーケリングが終わってからも存分に沖縄を楽しむことができます。

 

1日を目一杯使って遊びたい方には早朝のツアーがオススメです!

 

朝に自信がない方や、ゆっくり余裕を持って海を楽しみたい方には、午前10時ごろにスタートするのツアーがオススメです。

お昼まで海で泳いで運動すれば、お腹を空かせてランチを美味しく食べられますよ!

 

午前中に飛行機で沖縄に着いた方は、午後のツアーに参加することもできます。沖縄に着いてすぐに綺麗な海で泳げば、幸先のいい旅のスタートが切れるはずです!

 

ちゅらのシュノーケリングは1グループ貸切ツアーを実施しています。

詳しくは「沖縄でシュノーケル体験 初心者でも安心|青の洞窟専門店CHURAちゅら」をご覧ください。

 

 

まとめ

せっかく沖縄に来たのだから、最大限海を楽しみたいものですよね。

 

体験シュノーケリングは行きたいスポットや季節、開始時間などによって2時間半~1日のコースが選べます。

所要時間とスタートの時間を確認して、満喫できる旅の計画を立ててくださいね!

 

 

青の洞窟シュノーケリングツアー

お電話でのご予約

受付時間 / 7:30~19:00

WEBでのご予約