青の洞窟満喫ガイド

青の洞窟のシュノーケリングなどを楽しむための心構えや満喫するための知識を発信。理解が深まることで楽しさが倍増しますよ。

10月の沖縄はシュノーケリングを楽しむベストシーズン!

青の洞窟満喫ガイド一覧

2017年9月26日(火)


 

こんにちは!沖縄のシュノーケリングショップ「ちゅら」です。

10月は全国的に涼しくなる季節ですね。
さすがに海の中は寒くて入れないのでは?と思うかもしれませんが、沖縄はやっと夏の終わりを迎えるほど、まだ暑さが残る季節です。

そんな、旅の季節に最適な「10月の沖縄のシュノーケリング事情」についてご紹介します。

 

 

沖縄の10月の気温や水温は?

10月の沖縄はちょうど涼しくなるので快適で過ごしやすくなります。
日中は暑いですが、真夏に比べてジリジリとした痛い日差しは少なくなり、30℃を超えるような日はほとんどありません。

10月の平均気温は25.2℃、最高気温の平均は27.9℃、水温の平均は26℃とまだまだ泳げる温度といえます。

また平均気温と平均水温の差があまりなく、水温の変化も1日を通じて少ないため、シュノーケルは早朝からナイトコースまで一日中楽しめます。
幅広いシュノーケルの時間が選べるのが10月の特徴です。

 

 

シュノーケリングの楽しみ方

シュノーケリングにはビーチから海に入る「ビーチエントリー」や、ボートに乗って移動して海に入る「ボートエントリー」があります。

「ビーチエントリー」は、初めての方や海に慣れていない方にとくにおすすめのエントリー方法で、だんだん海に慣れながら水中の世界を楽しむことができます。

海に慣れている方、少しでも早くシュノーケリングポイントに行きたい方には「ボートエントリー」がおすすめです。
直接ポイントに行くことができるため、すぐにガイドさんおすすめの絶景を堪能できるという利点があります。

この時期のシュノーケリングを楽しむなら「紫外線」には注意が必要です。
10月の沖縄の紫外線量は東京の7~8月と同程度になりますので、忘れがちな首の後ろや背中は特に紫外線対策を欠かさないようにしましょう。

 

 

10月の沖縄がオススメな2つの理由


 

10月に沖縄へ行くことをお勧めするのは、シュノーケリングそのもの以外にも次の二つの理由があります。

 

 

①ハイシーズン後なので旅費が安い!

航空券とホテルとレンタカーがセットになったプランでは、1名からでも参加できるものがあります。

例えば某航空会社の同様の企画商品ですと、2泊3日のフリープランで1名1室の利用では7~9月に比べて10月は1000円ほど安くなりお得です。

沖縄のシュノーケリングは1名からでも初心者でも、インストラクター付きで安心して楽しめるツアーが多くあります。
慶良間諸島はウミガメやマンタの遭遇率が高い場所でおすすめのスポットですよ。

 

 

②観光地巡りにも最適な季節!

10月の沖縄は真夏と比べ日差しが和らぐので、暑さが辛いと感じることが少なくなります。

夏と比べ降水量も少なく比較的天候も良いので、観光地巡りにも最適な季節と言えます。
観光地のイベントに合わせて旅行を計画するというのも、また一段と楽しみが増すのではないでしょうか?

毎年10月の体育の日を含む土、日、月曜日の3日間は国際通りで「那覇大綱挽(おおづなひき)まつり」が開催され、約30万人が訪れます。
期間中には約50団体の演舞や、ギネス記録に認定されている大綱挽が行われ、老若男女が集い綱を引く姿は、まさに一見の価値あり、です。

また10月末から数日にわたって執り行われる「首里城祭」では琉球舞踊をはじめとする伝統芸能や琉球時代の儀式の様子が見られます。

 

 

10月の沖縄の服装や天候は?

10月の沖縄の海の1日の平均水温は26~27℃とあまり変化しないので、天候によっては海の中の方が温かい場合もあります。

ただしシュノーケルでボートエントリーを選んだ方は体温管理に注意しましょう。
シュノーケルでボートエントリーを選んだ方は、ボートでの移動中は特に風が強く、海から上がったときに寒く感じることがあります。
移動中に着るためのウィンドブレーカーや帽子などを準備しておくと良いでしょう。

また観光地巡りの場合にも、日差しを避けるためや1日の温度差対策のため、薄手の長袖シャツやカーディガンなどは準備しておいた方が無難です。

 

 

やっぱり気になる10月の台風事情

沖縄旅行といえば、台風を心配される方も多いのではないでしょうか?

気象庁が定義している台風の接近とは、台風の中心が那覇市から半径300㎞の圏内を通過することですが、10月以降は台風の接近個数は少なくなります。

ただし、接近個数は少ないといっても10月までは台風のシーズンといえます。万が一、行程に重なりそうな時の観光プランも見つけておくと、より沖縄が楽しめます。

 

 

まとめ


 

真夏は紫外線がジリジリと痛い時期、真冬は強い海風が体感温度を下げる時期…。

秋、特に10月の沖縄は程よく暑さも涼しさも感じられ、台風の上陸も減るまさに、シュノーケリングには「うってつけの時期」ではないでしょうか?

10月でも、サンゴに生息する小型の生物から大きな回遊魚まで、たくさんの生きものに出会えますよ!

コストを抑えてシュノーケリングをじっくり楽しんだり、逆に安い時期だからこそ思い切ってビーチリゾートと組み合わせるコースにしてみたり…。

この時期だからこそ自分好みにカスタマイズできる、10月の沖縄のシュノーケリングをぜひ「ちゅら」で体験してみませんか?

青の洞窟シュノーケリングツアー

お電話でのご予約

受付時間 / 7:30~20:00

WEBでのご予約