青の洞窟満喫ガイド

視力が悪い。メガネ、コンタクトでシュノーケリング出来る?

青の洞窟満喫ガイド一覧

海の中をはっきり見たい!目が悪い方のシュノーケリング。

 
こんにちは!沖縄のシュノーケリング専門店「ちゅら」です!
沖縄でのシュノーケリングは、目に映る不思議で美しい景色、海中には日常とかけ離れた別世界がどこまでも広がっています。
そんなシュノーケリングの世界に惹かれ、たくさんの方がここ沖縄の海を訪れています。

でも、視力が悪い方、コンタクトレンズの方、普段メガネ着用の方などは海中でその風景がきれいに見えるだろうか?と心配だと思います。
ここでは視力が悪い方も沖縄の海を満喫できる方法をご紹介します!
 

まずは視力0.2以上の「少し視力が悪い方」は裸眼でOK!

目が悪い方でもよく見える!  
目が悪いと言っても、とても悪い人もいれば、少し悪いという方もいらっしゃいますよね。
シュノーケリングでは、少し目が悪い方(視力が0.2以上)は、裸眼でも全く問題ありません。
意外と知られていない事ですが、実は海の中では水がレンズの役割をするので、視界に入るものは地上の約1.25倍の大きさに映ります。
そのため、裸眼のままでも問題なく楽しめます!

 

0.1以下のかなり目が悪い方。シュノーケリングはコンタクト着用OK!

目が悪い方でもよく見える!  
0.1以下のかなり視力の悪い方も大丈夫です!
シュノーケリングは、コンタクトレンズやメガネを着用して楽しむことができます。
 

コンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズを使用しましょう!

外れやすく高価なハードレンズ、バクテリアを吸い込んで汚れてしまう性質があるソフトレンズなど、コンタクトレンズは本来マリンスポーツでの着用は不向きとされています。
シュノーケリングではマスクをしますので、ある程度問題なく楽しめますが、それでも海中で動きまわるとやはりマスクの中に水が入ってくることがあります。

そこで、コンタクトをする方には「使い捨てのソフトレンズ」をオススメしています。
終わった後に新しいものに変えられるので、海の中を思う存分楽しんでください!

 

普段メガネをつけている方は、度付きマスクを着用しよう!

度付きメガネで感動の瞬間を逃さない!  
構造上、シュノーケリング用マスクの下にはメガネをかけることはできません。
普段メガネをかけている方にはマスクに度の入ったレンズが付いた「度付きマスク」があります。
視力の段階ごとに商品があり、かなり視力の悪い方でもカバーできるのが特徴です。

度付きレンズは購入すると10,000円~20,000円ほどで、1回のシュノーケリングの為に買うのは少し気が引けるかも知れません。
シュノーケリングのショップによってはレンタルで用意しているところもありますので、事前にお問い合わせすることをおすすめします。

ちなみに、当店ちゅらでは度付きマスクは-3から-6までの4段階をご用意。視力0.01まで対応しています。
ちゅらなら度付きマスクがレンタル無料♪

以前使って下さったお客様の中では、0.01以下の方でも度付きマスクを使っていただき「問題なく楽しめました!」と喜んでいらっしゃいました。

 

まとめ

・シュノーケリングは視力が悪くても大丈夫。0.2くらいまでなら裸眼でもOK!
・コンタクトの方は「使い捨てレンズ」がオススメ。
・メガネの方は「度付きマスク」を使いましょう。
 

【関連リンク】

ちゅらのおもてなし 沖縄シュノーケリングちゅらのおもてなし紹介ページ
 
 

青の洞窟シュノーケリング

青の洞窟体験ダイビング

ページ
トップへ